電磁波エプロンが1万円以下!?
赤ちゃんの健康と未来を守る電磁波防止エプロン

産まれてくる赤ちゃんの為の「電磁波防止エプロン」!

人気 電磁波エプロン 母親が願うのは「元気で丈夫な赤ちゃんに産まれ育ちますように!」と、ただこれだけでしょ。そこに、少しでも心配の種である“電磁波”というのがあるなら、電磁波防止対策をしたいと思います。また、不安や心配はストレスの原因ともなることは医学でも実証されていることです。リスクを減らして、妊娠中を心静かに平穏に過ごすためにも電磁波防止エプロンを!
 ⇒ 特許出願中の電磁波防止エプロン
電磁波防止エプロン「スキムブロック エプロン」

電磁波エプロンの効果とは

電磁波エプロンの効果を実験しました。

電子レンジの高周波漏洩防止技術と磁気防止カードやスキミングのブロック技術を使用することにより、マイクロ波やX線、電波などを自由に遮断・カットしたり、通過をコントロールすることが可能になりました。

この電磁波をコントロールする技術を利用して製造されたフィルムが、電磁波防止エプロンの前身頃に取り付けられています。公的機関である大阪府立産業技術総合研究所の実験結果(KFC法 シールド効果測定結果)によると、電磁波を遮断する効果は『99.9%以上』とのこと。

オール電化でIH調理器に囲まれていたり、仕事で長時間パソコンの前に座られている女性の安心と安全を守るのが電磁波防止エプロンの役目です。 ⇒ 電磁波防止エプロンが見直されています!

※「Skim Block エプロン」は、公的機関である大阪府立産業技術総合研究所にて高い電磁波シールド効果が証明されています。

電磁波やマイクロ波の影響について理解を深めましょう!

妊娠初期の不安な気持ちや妊婦さんの体調を考え、少しでも身体に影響を及ぼす電磁波を遮断するため『電磁波防止エプロン』を利用されている方が増えています。赤ちゃんのことを考えた時、電磁波エプロンの着用は行き過ぎでしょうか!?

電磁波が身体に与える影響について

WHO(世界保健機関)が2011年5月末に『電磁波が身体に与える悪影響』についての最新レポートを発表。その調査結果の報告は全世界に衝撃を与えました。
これまでははっきりとした調査結果が無かったために、電磁波が身体に与える影響の因果関係が分かりませんでしたが、今回のWHO(世界保健機関)発表では『電磁波は小児ガン発症リスクがある』と言及しました。
日本ではあまり報道されていないのは、恐らく新聞やテレビの大スポンサーである携帯電話会社に嫌われたくないからだとの推測もありますが、これについては闇の中。
それでは、2011年WHO調査結果の発表についての世界のニュースをご覧ください。

ダサいOAエプロンは嫌だけど、1万円以下のオシャレで人気の電磁波エプロンを探している方へ

電磁波防止エプロン「Skim Block エプロン」(※特許出願中)
電磁波防止エプロン カラー:ワインレッド 電磁波防止エプロン カラー:ブラック 電磁波防止エプロン カラー:レッド
カラー:ワインレッド カラー:ブラック カラー:レッド
寸法:フリーサイズ 寸法:フリーサイズ 寸法:フリーサイズ
10,395円(税込) 9,686円(税込) 9,686円(税込)
⇒ 詳細はコチラ! ⇒ 詳細はコチラ! ⇒ 詳細はコチラ!
※「Skim Block エプロン」は、お洗濯もできます。

オシャレで可愛かったり、デザインや柄が素敵な電磁波防止エプロンだと価格が高い(1万円以上もする)ので購入するのに躊躇していました。だけど、このスキムブロック・エプロンなら、価格もわずか6,000円程度だし、デザインもシンプルで飽きが来ないところが人気です。

これまでの常識は、これからの非常識!?

“常識”というのは、その時の時代や文化や認知度などによって変わるものだと思いませんか?日本語の言葉だって少しずつ変わっているくらいです。常識なんて憲法や法律で決めた訳では無いので、少しずつ変わってもなんら不思議ではありません。そして今回の電磁波の影響についても、同じような事を強く感じました。
WHO(世界保健機関)でさえ、以前は電磁波と健康被害の影響に因果関係は無いというレポートを発表していましたが、2011年5月にはついに「電磁波の影響により小児ガン発症リスクが高まる可能性がある」との最新レポートを発表したくらいです。臨床結果の数や検査における技術の進歩などいろいろな要因があっての事だと思います。勇気ある発表だと思いました。妊娠したいという妊婦さんは電磁波防止エプロン着用で対策をされています。
しかし、この事実を知らない人はまだまだたくさんいらっしゃいます。一人でも多くの方にこの事実を知っていただき、電磁波対策をしていただければと切に願います。

海外と日本国内との温度差について

電磁波の人体に与える影響について海外ではすでに真剣に議論をして対策がとられつつあります。例えば、フランスでは電磁波の影響を懸念して新しい法案を通しました。その法案とは幼稚園や小中学校での携帯電話の使用を禁止するという法案です。携帯電話から発する電磁波が毛咽喉被害をおよぼすとの科学的根拠と実証は無い段階と言えども、大人よりも子供の方が脳に電磁波の影響を受けやすいと考えて、予防的措置から法案が通ったとのことでした。
ただ、この結果についてフランス国民は「行き過ぎ」だとの声ではなく、その多くは「未来ある子供のためだから当然」との見解が大勢を占めているとのことです。世界保健機関(WHO)の専門組織である国際がん研究機関が2011年5月31日に電磁波と小児ガン発症リスクについての発表を行いましたが、この国際がん研究機関の本部がフランス・リヨンに位置していることも少なからず関係しているのかもしれませんね。
ところで、日本国内では地震や放射能または政府の無能ぶりばかりに目がいき、電磁波についてはまったく無知の状態だと言えます。自分やその家族を守るのは、自分しかいません。
電磁波防止エプロン「スキムブロック エプロン」
Copyright © 妊娠初期 電磁波防止エプロン. All rights reserved.